では売却後についてこれからは見ていきましょう。
もし売却前に賃貸アパートを建てたらいかがですか?といわれたらそれを検討するのもいいでしょう。
そうすれば、前述のような家賃収入だって得る事が出来るわけです。
そして管理は不動産屋さんに全てお任せで。
賃貸アパートは特に小家族や1人暮らしの学生などに人気が高いものになります。
そういったところに土地をお持ちならアパートを建設するのもいいでしょう。
もちろん、大手の不動産屋さんが自社物件として建ててくれるわけですから保証も安心なのです。
人気が高い物件はすぐに入居者が決まります。
あなたにはその分だけ家賃収入が入るわけですからいいですよね。
もちろん広いアパートを建てるメリットもあります。
それは大家族向けに建てればそれだけ需要もあがるのです。
特に閑静な郊外などは大家族にとってはいい物件といえましょう。
そこにアパートがあったら入居希望者も増えるのではないでしょうか?もちろん不動産屋さんの仲介という形になりますが、アパートのオーナーはあなたになるわけです。
そのため家賃収入が入ってくるようになるのです。
不動産売却をして入った資金を利用して賃貸アパートを建ててみるのはいかがでしょうか?好立地で家賃も手頃な価格に設定すればきっと入居者も増えると思います。
こうして不動産売却した後の有効活用ができるわけです。
まずは賃貸アパートを建てる計画を立ててみてはいかがでしょうか?